FC2ブログ





ウインドジャーマー 

ビデオカメラの外付け用マイクの風防(ウインドジャーマー)に格好の素材をみつけ、工作してみました。

スポンサーサイト



[ 2006/04/17 00:54 ] メディア研究 | TB(0) | CM(0)

レンズフードに乾杯 

IMGP1153s.jpg




[ 2006/04/14 15:37 ] メディア研究 | TB(0) | CM(1)

結婚式とHC3 

はじめてビデオカメラを買って結婚式を撮影したいという方に。

一般的にはマニュアルで撮りたいところですが、HC3を実際に操作してみると、マニュアルフォーカスは小さなリングを指の腹でスリスリするというもので、これではプロカメラマンでも臨機応変の現場ではフォーカスを合わせる事は不可能でしょう。
初めてのビデオカメラで、しかも買ってすぐの撮影では、なまじっかなマニュアル操作は失敗の確率大です。フルオートの撮影が無難です。
[ 2006/02/26 23:33 ] メディア研究 | TB(0) | CM(0)

■SONY HDR-HC1実写テスト その1■ 

■SONY HDR-HC1実写テスト その1■
2005/6/18銀座で開かれたソニーフェスタで、HDV撮影&編集セミナーを
受講してきました。
http://blog.so-net.ne.jp/hamapro/
(私も登場してますよ。えへへ)
7月7日に発売されるSONY HDR-HC1のデモ映像をみることができました。

ソニービルのショールームでは、18日からHDR-HC1の展示が始まった
ばかりでした。係りの方に断って、持参したテープで実際に録画してみました。
FX1でご活躍されているSANTENさんhttp://www38.tok2.com/home/sansansan/
ご協力を得て、キャプチャーしてもらい、HD-WMVにしてみました。

■1280×720 1min http://citv.dip.jp/hd2/HC1-1.wmv
発色と、テレマクロ、マイク、スミアを試したかったのですが、
興奮していたのか、振り回すわ、手ブレはひどいわ、ズーム多用
だわで、まるで初めてビデオを持った人が撮ったみたいですが、
たぶん、そんな人たち向けのカメラでしょうから、それなりに
参考になるかな。

同じ条件で、持参したビクターのHD1でも撮ってみました。
■1280×720 30sec http://citv.dip.jp/hd2/HD1.wmv

詳しくはまた後ほど。
DVC00933-ms.jpg

[ 2005/06/20 15:11 ] メディア研究 | TB(0) | CM(4)

HC1のセミナーに参加しました 

HDV撮影・編集体験セミナーを受講してきました。
成る程と思う内容で、納得して、HC1を発注して良かったと思いました。

特に納得したのは、この手のカメラへのスタンスの話で、自分が
モヤモヤと感じていたことへの明確な回答になりました。それは
「オートでしっかり撮れること」「綺麗な絵とは露出が適正だということ」。
「HC1はオートで失敗無く撮れるし、露出補正が簡単にできる」「HC1は警戒
させない大きさで、その為に、このカメラでしか撮れない映像を撮れる」
という実写例を交えたお話でした。

HC1に興味を持ったのは、6月はじめに行った韓国旅行での撮影失敗
の反省からでした。
常用しているビデオカメラはGR-HD1です。このカメラは、マニュアルを
駆使し、撮影条件を選べば、相応の結果を出すことのできるカメラだと
思っています。しかし、限られた時間に追われ、大きく重いカメラが
体力気力を削いでいく撮影条件下では、マニュアル操作は思わぬ失敗を
連続して招く結果になりました。
また、一般観光客らしからぬ大きなカメラは、不審の目でみられ、興味ある
シャッターチャンスを何度も撮り損じることになりました。やはりいつでも
撮影スタンバイの状態で携帯できて、「警戒させない」大きさというのが、
「このカメラでしか撮れない映像を撮れる」という強みになるのだと、納得
した次第です。

夜の街の実写映像から、心配した最低被写体照度も、実用としては
充分だと思いました。

二倍の価格差のあるFX1とHC1では、画質が違ってくるのは当然なんで
しょうけど、旅や日常スナップのような撮影には、小さく軽いHC1のほうが、
撮影結果はベターと判断しました。映像は「綺麗さ」だけでなく、シャッター
チャンスも重要ですから。

七夕の出逢いが楽しみです。

※韓国旅行のビデオをネットで配信しています。お暇なときにでも
ご笑覧いただければ・・・
http://www.oysy.com/seoul2005/

写真はソニーショールームにて

DVC00933-ms.jpg

[ 2005/06/18 22:38 ] メディア研究 | TB(0) | CM(0)

注文しました 

結局、ソニースタイルで、申し込みしました。
17日の予約販売開始は正午過ぎからでした。
旅行券が15000円分つきます。
3年ワイド保障5150円をつけて、24回分割金利ゼロ。
毎月7600円の支払いです。
夜にソニーファイナンスから電話で確認。
これで7日頃には配達されるでしょう。
楽しみ楽しみ。
[ 2005/06/18 01:05 ] メディア研究 | TB(0) | CM(0)

HDR-HC1を買うかも 

来月発売されるソニーの小型軽量ハイビジョンカメラ・HDR-HC1が欲しくてたまりません。24回無金利クレジットがあるんですよ。月7400円くらい。そのくらいなら、まあ何とか・・・

ソニーの直販サイト、ソニースタイルでの話です。
http://www.jp.sonystyle.com/Special/Summer2005/10days/
6月10日から20日までの10日間限定。
しかも、「祭りでGOキャンペーン」とやらで、1万円分の旅行券
等がもらえるのです。
3年特別保障も安価にかけられるようだし、何よりソニーの
直販だから安心だし・・・

でも、新製品の初期ロットは不良が出るし、しばらくたてば
値崩れも始まるのは当然で、数ヶ月待って、初期不良が改善
され、安くなってから買うのが賢い消費者はなんですけどね。
あえて人身御供になってみたいという欲望を抑えきれないの
です。アホやなぁ。
hdr-hc1_icon.jpg

[ 2005/06/15 19:29 ] メディア研究 | TB(0) | CM(4)

HDR-HC1 

韓国に旅行して、つくづく小さなカメラが欲しいと思ったのです。
HD1でさえ、まず体力的にきつかった。体力は無くても時間に余裕のある方や、
若い体力のある方は、どうってことないのでしょうけど、私のような駆け足旅行で
慢性寝不足虚弱体質の者には、重いカメラは操作の失敗や、シャッター
チャンスの失敗を招きます。特に三脚の必要性も痛感したので、カメラ本体の
重量は出来るだけ軽いほうがいいのです。
また大きなカメラは、被写体に警戒心を抱かせます。HD1でさえ、ワイコンを
つけると、一般観光客が持つカメラには見えないんですね。
元々、私は日常スナップ的な映像を撮りたい人なので、じっくり構えて
マニュアルを駆使して絵作りするよりは、いつも持ち歩いて撮りたいときに
撮るという撮影スタイルにしたいのです。映像の美しさより、何気ない
リアリティを重視したいのです。
そう、私の若い頃は、森山大道や中平卓磨といったカメラマンによる
ブレボケのリアリティが流行っており、いまだにその影響を引きずって
いるのです。(ビデオのブレボケはみずらいですけどねー)

ともあれ、今度の土曜日に有楽町のソニーフェスタで現物を触ってくる
予定です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/a-net/sonyfesta.htm
[ 2005/06/15 18:58 ] メディア研究 | TB(0) | CM(1)

■横浜市民テレビとは 

2006年11月6日更新

■横浜市民テレビとは

横浜を主な舞台とした、市民による市民のための市民が運営する非営利のハイビジョン・インターネット放送局です。

市民一人ひとりの誰でもが、何時でも何処でも安価で簡単に情報コミュニケーションできるよう、そのノウハウの研究と普及、発展をめざします。

市民社会の発展に不可欠な「情報の共有」を重視し、著作物を多様に活用できる仕組み(例:クリエイティブ・コモンズ)づくりを試行します。

その場に居るようなリアリティある仮想体験を実感できる、高画質ハイビジョン・インターネット配信を推進します。

市民個人の自由な活動が交流し、お互い助け合う「広場」となるような「運動体」をめざします。具体的には「職人組合」(ギルド)のようなものでしょうか。

市民放送局は、社会的には「報道機関」ですから、独立を保つ必要があります。自由で独立した報道のために、スポンサーは付けません。行政の許認可によるNPO「法人」にはしません。

市民は、生活の糧を得るための本業があります。市民放送局の活動は、基本的には本業で得た収入の一部で行う活動です。誰でもがちょとした負担で活動出来るよう工夫され、展開されます。専門のプロと特別な施設を維持するために、スポンサーに依拠し、視聴率という束縛のある商業メディアとの大きな違いのひとつです。


■掲載映像のご利用について 

情報の共有という大きな目的に沿って、当サイトに掲載される映像は、広く活用されることを願っています。

以下のお約束をお守りの上、ご利用ください。

○著作権は放棄していません。
○非営利目的のご利用は無料です。
 ・視聴はご自由に。
 ・サイトの紹介やリンクはご自由に。(ご一報いただけると嬉しいで   す。)
 ・映像ファイルへの直リンクは、サーバーや回線への負荷が大きいの  で、ご遠慮ください。
 ・映像ファイルはダウンロードして、ご自分のサイトや投稿サイトに  アップして公開しても構いません。 (その場合、映像に責任を持つ  という意味から、出所を明記し、ご一報ください)
 ・元の映像の加工はご遠慮ください。
 ・公開にともなう不利益が生じても、当放送局は一切関知いたしませ  んのでご承知おきください。

○営利目的のご利用は有料になります。
 ※上記非営利サイトの場合と異なる項目。
 ・映像ファイルはダウンロードして、ご自分のサイトにアップして公  開しても構いません。 その場合、使用サイトの内容により料金が  発生します。個々のサイトにより料金も異なりますので、ご使用サ  イトをお知らせください。見積もりいたします。細かなご利用条件  も交わさせていただきます。
 ・アップされた映像ファイルの元テープ(HDV方式での収録がメインで  す)の素材としてのご利用も可能です。アップされたカット以外の映  像も多数ありますので、お問い合わせください。料金も個別に対応  させていただきます。


■HD撮影・編集・配信承ります

横浜市民テレビは、基本的に市民一人一人がご自分でビデオを撮影・編集・伝達できるようお手伝いすることを目的としていますが、どうしてもご自分ではやりきれない方も多いと思います。
そこで、皆様に代わってHD(ハイビジョン)撮影・編集・配信を代行もいたします。
非営利な活動のため、費用は安価に設定しています。

○横浜市民テレビのサイトにアップして、みんなで共有することを承諾 していただいた上で「取材」させていただいた場合、費用は無料で  す。また、簡単な編集をしたDVDを1枚贈呈いたします。DVDの焼き増し は追加一枚につき300円となります。

○諸々の事情で、横浜市民テレビの番組サイトにアップしない場合、撮 影・編集・メディア作成・配信とも個別に料金をいただきます。
 目的の営利、非営利等を考慮し、所用時間当たりの費用をいただきま す。

基本料金
おおよそ、半日(例:実撮影3時間、移動や準備を含む拘束6時間)の所用時間の場合。
社会活動(市民コンサート等)1万円、プライベート(結婚式等)2万円、営利目的(宣材等)3万円
1日(例:実撮影6時間、移動や準備を含む拘束9時間) 3~6万円です。
民生用HDVカメラ主副2台、カメラマン一名での撮影となります。

編集の所要時間は、編集内容により大きく異なります。
例えば1時間のコンサートを一台のカメラで通しで撮影して、単純に前後にタイトルを入れたものなら、編集は2~3時間です。(撮った時間だけ確認して、編集結果を再確認します)
イベントをスナップ撮影してカット編集したもので5~6時間。等々
具体的な例をあげてお見積もりしますので、お問い合わせください。
※全体の構成を決めておいていただくと、編集は早いです。

テープやDVDへの書き込み、ラベル印刷、は別料金となります。
DVD作成の基本料金は、1枚目が1000円。そのコピーは一枚200円~500円になります。
(ラベルやケースにより異なります)
ハイビジョン・メディアの作成は別途ご相談ください。

エンコードとインターネットサイトへのアップは、番組としてなら無料。その他は、ファイルサイズ、転送量により異なります。

映像プロダクションや放送局、WEB制作事業所等の下請けも承ります。

※横浜市民テレビの技術力は、アップされている番組からご推察ください。

※ハイビジョン映像の簡単な視聴方法については、お問い合わせください。

※使用機材についてはお問い合わせください。
[ 2004/04/07 01:19 ] メディア研究 | TB(0) | CM(0)